河村尚子 ピアノリサイタル オール・ショパン・プログラム

河村尚子 ピアノリサイタル オール・ショパン・プログラム

公演名 河村尚子 ピアノリサイタル オール・ショパン・プログラム
公演日 2016-10-30
会場 杉並公会堂 大ホール
開演時間 15:00
杉並公会堂開館10周年記念

色彩豊かな音色と比類ないパッション。欧州を拠点に活躍する国際派ピアニスト。

【Program】

Frederic Chopin:3つのマズルカ op.59、即興曲第4番嬰ハ短調「幻想即興曲」op.66、ポロネーズ第7番変イ長調「幻想ポロネーズ」op.61、24の前奏曲op.28

アンコール:ショパン:ワルツOp.64-1嬰ハ短調、ワルツOp.64-2「子犬」

 

主催:杉並公会堂[(株)京王設備サービス] 後援:杉並区

主人に「一度は聴いておくべきピアニスト」と言われ、期待して聴きに行きました。

まず思ったのは、ピアノの音が硬いというか、うるさいというか、心地よくありませんでした。ピアノのせいか、ホール(座席位置)のせいか、わかりませんが、時折、とても柔らかで美しい箇所もあったので、環境だけが原因ではないように思いました。そして、右手と左手のタイミングがずれることが多いのが気になりました。曲の流れと逆のアルペジオのように聴こえたり、付点のリズムが甘く聴こえたりしました。曲の解釈も、おそらく独特で、別の曲かと思うような演奏もありました。全体的に、ショパンは彼女に合わないのではないか、という印象でした。

終演後のサイン会は、とても素晴らしい笑顔と応対で、素敵な人柄がうかがえました。

川村尚子 サイン

 

川村尚子 アンコール

☆旦那枠

今回の演奏会に向けて、内田光子のアルバムを聴きまくりました。もちろん本人の演奏もです。そしてたまたま民放の『題名のない音楽会』では仲道郁代さんもスタインウェイのCD75も聴き仲道さんお勧めのルービンシュタインも聴き、準備万端だったのに。

もともと彼女の演奏は優等生的な平均点の高さではなく一瞬のきらめきみたいのが売りだと思っているのですが。

ピアノがジュワジュワして、ビヨ~ンとしていて異様に明るくうるさい音で※。

これでは彼女の持ち味は活かされません。

調律師出てこ~い 的な状態なので、演奏自体ももう訳が分かりません、

アルバムでの演奏ともかけ離れ、そもそもショパンらしさも感じられませんでした。

ピアノストは用意されたピアノをそのまま弾くしかないわけですが、くしくも『題名のない音楽会』で名前の上がったミケランジェリのように、実はキャンセルしたかったのでは?と思ってしまうくらい残念なピアノでした。

そのせいかどうか知りませんが、雑に弾いたでしょ?

実力を発揮できていないという点でとても残念でした。

ただ彼女の良さも確認できたので、このまま伸ばしてほしいとも思いました。しかし全然別の曲になってしまってはまずいのでほどほどにしてほしいかなと思いました。強靭なタッチも使い場所によります。

「会場が広かろうが狭かろうが、音色的に楽器のベストな強弱、大小で弾いている」というようなイメージには見えませんでした。

普段よりも力強く演奏しているように見えるときは、気合や根性が入っているというよりは「すでに本人が敗北を認めている」のだと思います。

 

杉並公会堂の音響はよく響く、通常は褒め言葉ですが、ここでは土着的な観客が多いせいで、雑音がうるさくてたまらない。

隙のないタイプではなく、感情にささやきかえるような彼女の演奏はここではうまく伝わらないように思えました。

この後のツアーが良い環境であることを祈るばかりです。

総じてほとんどのピアニストは、正統評価につながらない条件・環境で活動しているのかと思うとやり切れないです。

 

ということで、感想は、あの河村尚子が、本領発揮できずに、ここではいまいちでした。

アルバムは引き続き聴きつづけます。

 

どちらにしても、そもそも個性的な演奏、演者は、弾くほうも聴くほうも時間とともに嗜好が変化してしまうのでアルバムがよかったからライブもよいかというと、なかなかそうはならなくて路線がずれてしまうことも致し方がないことでしょう。

とくに聴く側の勝手な期待にこたえるのはむりというもの。

それでも、ショパンの24の前奏曲へ彼女がつけているタイトルを明かしてくれると理解が深まるのでそろそろよろしくお願いします。

 


情報

wiki

河村尚子
ピアニスト
河村 尚子は、日本のクラシック音楽のピアニスト。 1981年に兵庫県西宮市に生まれる。5歳で渡独し、ピアノを学ぶ。ハノーファー音楽演劇大学でウラジミール・クライネフに師事。2009年度には出光音楽賞、新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞、日本ショパン協会賞を受賞。2012年、芸術選奨新人賞受賞。ウィキペディア
生年月日: 1981年5月10日 (35歳)
生まれ: 兵庫県 西宮市

 

夜想~ショパンの世界/河村尚子デビュー

新品価格
¥2,570から
(2017/4/4 18:07時点)

 

 

河村尚子ピアノリサイタル

 

 

 

※位相的にあってなくてジュワジュワしていて、ペダル操作の時に特定の音がビビっていて、ゆっくりペダル操作するとビヨ~ンとビビる。全体的に弦が新しいのか楽器が新しいのかエージング前のような壊れたファツオリみたいな音でした。

 Julia Fischerユリア・フィッシャー ヴァイオリン・リサイタル

アリサ・ワイラースタイン ~バッハと20世紀 無伴奏の夕べ~ 王子ホール

関連記事

  1. 3大ピアノ プロジェクト PIANO三重弾!PartVIII

    3大ピアノ プロジェクト PIANO三重弾!PartVIII

    3大ピアノ プロジェクト PIANO三重弾!PartVIII公演タイ…

  2. ギタリストたちの饗宴 荘村清志・福田進一・鈴木大介・大萩康司・朴葵姫

    ギタリストたちの饗宴 荘村清志・福田進一・鈴木大介・大萩康司・朴…

    ギタリストたちの饗宴 荘村清志・福田進一・鈴木大介・大萩康司・朴葵姫…

  3. The sign of hilary Hahn. At September 5, 2018, recital at Opera City

    ヒラリー・ハーン バッハ無伴奏を弾く<ソナタ&パルティ…

    2018年12月3日,5日にオペラシティで催されたHilary Hahnのバイオリンリサイタルの…

  4. Jean-Guihen Queyras (ジャン=ギアン・ケラス…

    ジャン=ギアン・ケラス 無伴奏チェロリサイタル日時:2013年11月16日(土)14:00〜…

  5. Bach in the Subways in Tokyo

    Bach in the Subways in Tokyo日にち:2015年3月21日(土)…

  6. 横山 幸雄

    TOKYO FM開局40周年記念×ショパン生誕200年記念Panasonic Presents…

  7. 調布国際音楽祭2017チェンバーミュージック・ガラ・コンサート

    調布国際音楽祭2017チェンバーミュージック・ガラ・コンサートサントリーホール提携公演 室内楽アカデ…

  8. ストラディヴァリウス サミット・コンサート2011

    ストラディヴァリウス サミット・コンサート2011日時:2011年6月5日(日)18:30〜…

楽曲を音楽配信サービスで検索する



最近の投稿

PAGE TOP