諏訪内晶子(国際音楽祭NIPPON 2013)


国際音楽祭NIPPON 2013 芸術監督:諏訪内晶子
諏訪内晶子 アンサンブル・コンサート
諏訪内晶子(vn)、Pieter Wispelwey(vc)、江口玲(pf)
日時:2013年2月16日(土)16:00〜
場所:横浜みなとみらいホール 大ホール

プログラム:
Brahms: ピアノ三重奏曲第1番 ロ長調 op8
Ravel: ヴァイオリンとチェロのためのソナタ
Mendelssohn: ピアノ・トリオ第1番 ニ短調 op49

諏訪内晶子さんは協奏曲のイメージがあったので、アンサンブルをどのように弾くのか、とても興味がありました。

1曲目のBrahmsは、3人ともまだ体が温まっていなかったのか、豊かな響きがあまりなく、うまく噛み合っていないような印象を受けました。もっと重厚感があってもよかったかな。とはいえ、ピアノ→チェロ→ヴァイオリンと、順に音を積み重ねていくところは、すばらしいハーモニーで、ぞくぞくしました。

2曲目はRavel。デュオならではの掛け合いが聞き応えありました。不協和音や変拍子が多いのに、ピッタリ(逆にピッタリすぎ?)でした。さすがです。

3曲目のMendelssohnは、3人がしっかり噛み合って、とっても素敵な演奏でした。美しく華やかなメロディは、諏訪内さんのヴァイオリンによく合っているように思いました。

席がステージの後ろ側だったので、聴くのにはあまり好条件ではありませんでしたが、それでも、チェロもヴァイオリンもしっかり音が聴こえました。正面から聴ければ、もっと楽しめたのかもしれません。チェロはまったく見えず、ヴァイオリンもボウイングが見えなかったのが残念でした。今回の一番の収穫は、ピアノの江口さん! ソロコンサートを聴きに行きたくなるほど、よかったです。

アンコールは残念ながらありませんでしたが、サイン会があり、プログラムにサインをしてもらいました。

☆後方席で音についてとやかく言ってはいけないのだが、トリオで、ピアノの前にチェロの場合さすがにバランスは悪かったです。

今回はTV放映が予定されているせいか気合が感じられました。
ハイレベル奏者同士のセッションなので、テンションも高く非常に貴重な演奏に生に触れることができとてもラッキーでした。

IMG_0361

IMG_0362

IMG_0363

諏訪内晶子, ピーター・ウィスペルウェイ, 江口玲
Akiko Suwanai

プラハ・バロック合奏団

今井信子

関連記事

  1. アンネ=ゾフィー・ムター 室内楽の夕べ ~ムター…

    アンネ=ゾフィー・ムター室内楽の夕べ ~ムター・ヴィルトゥオージ…

  2. 庄司紗矢香 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル

      庄司紗矢香 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル…

  3. バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ クレーメル(ギドン)

    Gidon Kremer

    Suntory Hall Special StageThe Art of…

  4. アリス=紗良・オット ピアノ・リサイタル

    アリス=紗良・オット ピアノ・リサイタル公演タイトル ア…

  5. 神尾 真由子、ロシア・ナショナル・フィルファーモ…

    日時:2009年6月21日(日)16:00〜場所:グリーンホール相模大野…

  6. ストラディヴァリウス サミット・コンサート201…

    ストラディヴァリウス サミット・コンサート2011日時:2011年6月5…

  7. 河村尚子 ピアノリサイタル オール・ショパン・プ…

    河村尚子 ピアノリサイタル オール・ショパン・プログラム…

  8. 2 Pianos 4 hands

    日時:2012年5月20日(日)12:00〜場所:日生劇場一人で…

楽曲を音楽配信サービスで検索する



最近の投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP