調布音楽祭2015

調布音楽祭2015

日時:2015年6月28日(日)(開催期間:2015年6月25日(木)〜28日(日))
場所:調布市グリーンホール文化会館たづくり

昨年の調布音楽祭がとてもよかったので、今年も行ってきました。

全体的な印象は、オープンスペースやミュージックカフェでの無料の公開演奏が、
昨年に比べて、格段にレベルが上がっていた、ということです。
ほんとうに嬉しい驚きでした。

オープンスペースやミュージックカフェ

たまごカルテット

公演タイトル  たまごカルテット
公演日時 2015年6月28日(日)開演11:00〜
会場 オープンステージ(調布市文化会館たづくり エントランスホール)
出演 たまごカルテット

演目
  • ボロディン:弦楽四重奏曲第1番 第1・4楽章

素晴らしい! の一言です。
ボロディンの弦楽四重奏曲第1番を生で聞いたのは初めてですが、
優雅で美しいメロディを、丁寧に、でも伸びやかに弾いていて、
聞いていてとても楽しい演奏でした。
来年も出演してもらえることを期待しています。

「世にも珍しいトリオ」 ーイングリッシュ・ホルン三重奏ー

公演タイトル 「世にも珍しいトリオ」 ーイングリッシュ・ホルン三重奏ー
公演日時 2015年6月28日(日)開演11:30〜
会場 ミュージックカフェ(調布市文化会館たづくり むらさきホール
出演
演目 ベートーヴェン:2本のオーボエとイングリッシュホルンのためのトリオ ほか

間近でオーボエやイングリッシュホルンを演奏する姿が見えて、興味深かったです。
こちらまで息苦しくなってしまうような息継ぎ。
なのに、最後の一音まで丁寧に吹いていて、とても美しい演奏でした。

「世にも珍しいトリオ」 ーイングリッシュ・ホルン三重奏ー

グランツ弦楽四重奏団

公演タイトル グランツ弦楽四重奏団
公演日時 2015年6月28日(日)開演13:00〜
会場 オープンステージ(調布市文化会館たづくり エントランスホール)
出演 グランツ弦楽四重奏団

演目
  • シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」より 第1・2楽章

初々しくも情熱的な演奏でした。
特に第2楽章が良かったです。

グランツ弦楽四重奏団

ロシア (ピアノ三重奏)

公演タイトル ロシア (ピアノ三重奏)
公演日時 2015年6月28日(日)開演13:30〜
会場 ミュージックカフェ(調布市文化会館たづくり むらさきホール
出演
演目 ストラヴィンスキー:兵士の物語 ほか

最初に、ピアノとヴァイオリンでチャイコフスキーの『メロディ』とグラズノフの『瞑想曲』が演奏されました。
会場の環境のせいかもしれないのですが、強弱のメリハリがあまり感じられず、ちょっと残念でした。

宮川奈々・莉奈ヴァイオリンDUO

公演タイトル 宮川奈々・莉奈ヴァイオリンDUO
公演日時 2015年6月28日(日)開演14:00〜
会場 オープンステージ(調布市文化会館たづくり エントランスホール)
出演
演目
  • バルトーク:2台のヴァイオリンのための44の二重奏曲より抜粋
  • プロコフィエフ:2つのヴァイオリンのためのソナタ ハ長調

プロコフィエフは、1stと2ndのバランスが良く、
とてもまとまっていて、いい演奏でした。
(この間聞いた田中晶子さんのは、バランスが悪く、曲としてのまとまりは、こちらのほうがよかったかも。)

バルトークは、上品な印象で、
個人的には、もっと粗野というか、力強い感じのほうが好きです。

宮川奈々・莉奈ヴァイオリンDUO

美島佑哉

公演タイトル 美島佑哉
公演日時 2016年月日()開演16:00〜
会場 2015年6月28日(日)(調布市文化会館たづくり エントランスホール)
出演 美島佑哉(ヴァイオリン)  ⇒google画像検索  ⇒youtube検索
演目
  • J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト短調
  • イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 ニ短調「バラード」

昨年より、はるかにうまくなっていて、驚きました。
学生の成長力は、すごいです。

美島佑哉

オーストリア(室内楽)

公演タイトル オーストリア(室内楽)
公演日時 2015年6月28日(日)開演16:30〜(途中まで)
会場 ミュージックカフェ(調布市文化会館たづくり むらさきホール
出演
演目 モーツァルト:弦楽五重奏曲 第4番 ト短調 KV 516

 

調布音楽祭2015 遠藤真理&三浦友理枝 デュオリサイタル

バッハ・コレギウム・ジャパンの『四季』——華麗なる協奏曲の夕べ <有料公演>

 

公演タイトル バッハ・コレギウム・ジャパンの『四季』——華麗なる協奏曲の夕べ <有料公演>
公演日時 2016年月日()開演17:00〜
会場 調布市グリーンホール
出演 バッハ・コレギウム・ジャパン
演目
  1. ヴィヴァルディ:四季「春」
  2. ヘンデル:オルガン協奏曲
  3. マルチェッロ:オーボエ協奏曲
  4. ヴィヴァルディ:四季「夏」
  5. J. S. バッハ:2 つのヴァイオリンのための協奏曲
  6. ヴィヴァルディ:四季「秋」
  7. ヴィヴァルディ:四季「秋」
  8. ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンのための協奏曲

バッハ好きの私が、ずっとずっと気になっていて聞けていなかった、「バッハ・コレギウム・ジャパン」。
とても期待していたのですが、今日の演奏の印象は、ふつう、でした。

古楽器や、この時代の曲の演奏へのこだわりが特に感じられず、
経験のある演奏家ならではの味も、あまり感じられませんでした。

今回、ヴィヴァルディの四季を、季節ごとにソリストを変えて演奏されましたが、
この企画がかえって裏目に出てしまっていたように思います。
春と秋のソリスト(特に春)が、音のかすれや音程のずれがとても多く、
それはヴィヴァルディの4つのヴァイオリンのための協奏曲でも顕著で、
十数小節の間、気持ち悪い不協和音のような音が続き、
全体の質を下げてしまっていたように感じられました。

バッハの2つのヴァイオリン……は、
1stと2ndが掛け合いになるところで、弾き方が違っていたりして
(1stが切って弾いているところを、2ndが切らずに弾く、というような)、
「合わせないんだなー」と、おもしろかったです。

また素敵な演奏に出会えることを期待して、
来年も、調布音楽祭に行きたいと思います。


★以下旦那談

おおよそ「〜の夕べ」なんて気の抜けたタイトルの時には、演奏に期待すること自体が間違いだということを痛感させられました。

「音楽祭に相応しいフレッシュな演奏」の締めくくりが、「音楽会を象徴する」ような熟練の御大たちのなれあいの演奏で終わるという、観客不在の演奏会は痛い。

まるでクリスマス時期の出稼ぎコンサートのようでした。

多分教材としても使われることもあるであろう22年ぶりの四季、いやはや演奏者本人たちの感想を聞いてみたいところです。

とはいえ、昨年の反田恭平氏のような期待のアーティストを身近に感じられる、とてもよいイベントであり来年も楽しみです。

 

 

それと一つお願いが…

昨年もそうでしたがオープンスペースのピアノがアップライトピアノというのはどうでしょう?

演奏者がかわいそうに感じます。。

実際、ピアノに関しては、演奏として聞くに堪えない感がありました。

多分演奏者の人生の中でもワーストな部類に入るのではないでしょうか。

せめて大屋根(上蓋)は開けましょう。

 

ヴェンゲーロフ・ロンドン・ライヴ田中晶子 マキシム・ヴェンゲーロフ

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ選集 Limited EditionSouvenir della Musica 第10回演奏会 ウィーンの秋薫(ゲスト:ウェルナー・ヒンク)

関連記事

  1. 3大ピアノ プロジェクト PIANO三重弾!PartVIII

    3大ピアノ プロジェクト PIANO三重弾!PartVIII

    3大ピアノ プロジェクト PIANO三重弾!PartVIII公演タイ…

  2. 河村尚子 ピアノリサイタル オール・ショパン・プログラム

    河村尚子 ピアノリサイタル オール・ショパン・プログラム公演名河村尚子 ピア…

  3. Bach in the Subways in Tokyo

    Bach in the Subways in Tokyo日にち:2015年3月21日(土)…

  4. KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN …

    ライブポツネン in ヨーロッパ 日本凱旋公演KENTARO KOBAYASHI LIVE PO…

  5. ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2014

    ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2014 10回記念 祝祭の日【113】2014年5月3日…

  6. Li Chuanyun (李傅韻)

    李傅韻超絶提琴(リー・チャンユン ヴァイオリンリサイタル)2007日時:2007年11月1日(木…

  7. アリス=紗良・オット 横浜みなとみらいホール

    日時:2011年1月9日(日)14:00〜場所:横浜みなとみらいホール 大ホール☆彼女は…

  8. サントリーホールの特等席はここだ!(ピアノリサイタル)

    サントリーホールにピアノリサイタル聴きに行かれた方、S席で聴いていてどういう印象でしょうか?…

楽曲を音楽配信サービスで検索する



最近の投稿

PAGE TOP