menu

Itzhak Perlman

Itzhak Perlman Violin Recital Japan Tour 2013
Itzhak Perlman(vl)、Rohan de Silva(pf)
日時:2013年10月6日(日)14:00〜
場所:サントリーホール 大ホール

パールマンのコンサートに行ってきました!
彼の演奏を聞くのは3年ぶり2回目です。

1曲目はヴェートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第1番です。
第1楽章はまだホール内の空気が温まっていないというか、
前回聞いたときの音の感動がよみがえらず、あれ? という感じでした。
でも、楽章が進むにつれ、音が丸みと深みを帯びていき、心が震えるようでした。

3曲目の悪魔のトリルは、第1楽章の哀切ただよう美しいメロディが特に好きなのですが、
パールマンの手にかかるとよりいっそう心に沁み入りました。
曲後半の重音になる部分は、ピアノが演奏を控え、
ヴァイオリンの音色をよく聞くことができました。

ヴァイオリン名曲集は、パールマンの定番の曲(シンドラーのリストなど)に
なるのかな、と予想していましたが、
そうではない曲も織り交ぜられていて、楽しめました。

全体的には大満足だったのですが、強いて言うなら、
前回よりも迫力というか、オーラというか、が弱まっているように感じました。
音程を外したり、弓の重さが弦に乗り切っていなかったりすることが
多かったように思います。
年齢のせいなのか、体調のせいなのか、わかりませんが、
以前聞いたときのほうが、もっと心打たれました。

ちなみに私のヴァイオリンの先生によると、パールマンは指が太く、
小指が私(成人女性)の親指くらいあるそうで、
特にハイポジションの隣り合う音を弾く時は、指を下に潜り込ませなければならず、
音程をとるのが大変なのだそうです。
大きい手は憧れますが、それはそれで大変なのですね。

この後は、アークヒルズの音楽イベントを観て帰りました。

☆弟子のChuan yunのシンドラーのリストをまた聴きたくなりました。

プログラム:

Beethoven: ヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ長調 op12-1
Grieg: ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ短調 op45
Tartini:ヴァイオリン・ソナタ ト短調“悪魔のトリル”(フリッツ・クライスラー編曲)
ヴァイオリン名曲集・アンコール
IMG_0535

プログラム表紙
IMG_0553

今回は聴けませんでした。
[youtube=http://www.youtube.com/watch?v=iPRkZxlBAqI&w=520]
ロハン・デ・シルヴァとパールマンの演奏 Itzhak Perlman – Tilles Center New York – 17.04.10
[youtube=http://www.youtube.com/watch?v=a4KLosVvEFo&w=520]

映画:25年目の弦楽四重奏

ザ・フィルハーモニクス 特別コンサート

関連記事

  1. Atef Halim

    Atef Halim

    Atef HalimAtef Halim (vl) & Rafa…

  2. イープラス Presents STAND UP!…

    オフィシャルサイト公演タイトルイープ…

  3. Hilary Hahn (vl) & Hauschka (prepared piano)

    Hilary Hahn (vl) & …

    Hilary Hahn (vl) & Hauschka (prepa…

  4. 庄司紗矢香 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル

      庄司紗矢香 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル…

  5. 五嶋みどり

    五嶋みどり&Ozgur Aydin デュオ・リサイタル2011日時:20…

  6. STAND UP! CLASSIC FESTIV…

    公演タイトルイープラス presents STAND…

  7. Mischa Maisky (vc), Juli…

    J.S.Bach: ゴールドベルク変奏曲<弦楽トリオ版>日時:2006年…

  8. アリス=紗良・オット ピアノ・リサイタル『ナイト…

    公演タイトル時代を変えるピアニズムア…

楽曲を音楽配信サービスで検索する



最近の投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP